Menu

交通事故被害の慰謝料

0 Comment

交通事故交通事故は誰もが遭う可能性がありますし、もしかすると明日にでも事故に遭ってしまうかもしれません。車と車、車とバイク、自転車と歩行者などさまざまなケースが考えられますが、こうした交通事故においても慰謝料は発生します。肉体的な損傷だけでなく精神的なダメージを受けることも多々ありますし、事故のせいで仕事に行けなくなった、収入源を無くしたということもありますから、慰謝料を請求することは十分可能です。交通事故の場合でもやはりどれくらい請求できるかはケースバイケースになります。

交通事故の損害賠償は自賠責基準や任意保険会社基準、裁判基準など三つの基準があります。この中でもっとも高い賠償金になる可能性があるのは裁判基準となりますが、裁判基準を適用するには弁護士への依頼が必須となります。交通事故被害に遭ったときは弁護士に相談したほうが良いという話をよく耳にすると思いますが、それにはこうした理由があるのです。弁護士が交渉する基準額は裁判基準ですし、それによって賠償金、示談金などの額も高くなる傾向にあります。もちろん弁護士にお金も支払わなくてはなりませんが、それを差し引いても最終的には得することになるでしょう。

参考サイト〈交通事故慰謝料