Menu

交通事故被害の慰謝料

18年08月09日

交通事故交通事故は誰もが遭う可能性がありますし、もしかすると明日にでも事故に遭ってしまうかもしれません。車と車、車とバイク、自転車と歩行者などさまざまなケースが考えられますが、こうした交通事故においても慰謝料は発生します。肉体的な損傷だけでなく精神的なダメージを受けることも多々ありますし、事故のせいで仕事に行けなくなった、収入源を無くしたということもありますから、慰謝料を請求することは十分可能です。交通事故の場合でもやはりどれくらい請求できるかはケースバイケースになります。

交通事故の損害賠償は自賠責基準や任意保険会社基準、裁判基準など三つの基準があります。この中でもっとも高い賠償金になる可能性があるのは裁判基準となりますが、裁判基準を適用するには弁護士への依頼が必須となります。交通事故被害に遭ったときは弁護士に相談したほうが良いという話をよく耳にすると思いますが、それにはこうした理由があるのです。弁護士が交渉する基準額は裁判基準ですし、それによって賠償金、示談金などの額も高くなる傾向にあります。もちろん弁護士にお金も支払わなくてはなりませんが、それを差し引いても最終的には得することになるでしょう。

参考サイト〈交通事故慰謝料

未分類

不倫の慰謝料

18年08月05日

不倫不倫は不法行為の一種となります。不法行為になることを知らずに軽々しく不倫をしてしまう方も少なくありませんが、不倫は法律的に見ると完全な不法行為となってしまいますから覚えておきましょう。不倫をされた側からすると多大な精神的苦痛を受けていますし、不倫による慰謝料も発生します。ただ、すべての不倫のケースにおいて慰謝料が発生するわけではなく、発生しないケースもありますから注意が必要です。例えば、相手が既婚者だったということを知らず、そのままの状態で肉体関係を結んでしまった場合などは慰謝料請求は難しくなるでしょう。

既婚者であることを承知の上で不倫関係になったという場合は慰謝料の請求も可能となります。どれくらい慰謝料を請求できるかはケースバイケースとなりますし、不倫によってどの程度の権利侵害を受けたかによっても変わってきます。不倫の慰謝料を請求するにはまずしっかりとした調査も必要となりますし、相手側との交渉も必要となりますから基本的には弁護士を立てて話を進めたほうが良いでしょう。自分で交渉したとしてものらりくらりとかわされてしまう恐れがあります。不倫や男女問題に強い弁護士に相談した上で話を進めるべきです。

交通事故被害の慰謝料

未分類

さまざまな慰謝料

18年08月02日

慰謝料とは精神的な苦痛に対する損害賠償金のことを指します。この慰謝料はさまざまなケースで発生しますし、慰謝料を支払わなくてはならなくなることもあれば、自身が慰謝料を受け取る立場になることもあるでしょう。ただ、それがどのようなケースなのかについて詳しくご存知という方は恐らく少ないと思います。人生の中で慰謝料を支払う、もしくは払ってもらうという状況に遭遇することはそうありませんし、多くの方はこうした状況に直面することないまま人生を終えるのではないでしょうか。

慰謝料慰謝料と一口に言ってもいろいろな種類があります。代表的なところだと交通事故被害による慰謝料でしょうか。交通事故に遭うと身体的なダメージはもちろん負ってしまうと思いますが、精神的な苦痛を味わうことも多々あります。また、不倫や浮気などでも慰謝料が発生することがありますし、ほかにもさまざまなケースで慰謝料は発生します。

ここでは、さまざまな慰謝料の種類についてお話したいと思います。どうしてそのケースにおいて慰謝料が発生してしまうのか、どの程度の慰謝料になるのか、慰謝料を請求するにはどうすればいいのかといった内容にも踏み込みたいと考えていますから、少しでも関心がある方はぜひ読んでください。今はまったく自分に関係ないことだとしても、近い将来慰謝料を請求するようなシーンがやってくるかもしれません。その時にここでご紹介した内容が参考になればと思います。

不倫の慰謝料

未分類